<< ブログ | main | 複合機のお問い合わせ >>

GT500/UT700/HM700着信履歴の見方

 営業の鶴田です。

SAXAのビジネスホンをご利用中の方で、着信履歴を有効活用されていない方が結構います。

GT500std/GT500pro/UT700std/UT700pro/HM700std/HM700proには、十字キー

の右側に着歴(着信履歴)と書かれています。

その着信履歴を押すと、最後に電話が掛って来た方が一番上に表示されるようになっています。



表示内容からすると、最後に掛けて来たのが鶴田の携帯からです。その前に掛けて来たの

が鶴田の050(楽天モバイル)からの電話です。その前が小林の050(楽天モバイル)から

の電話です。

ここまで使っているお客様は、結構います。※ここまでだけでしたら着信履歴見習いです。

しかし、これだけだと・・・いつ掛って来ているのか分かりません。

そこでとっておきの技があります。

003:の鶴田050(楽天モバイル)の内容を確認したい場合

十字キーの右側(着信履歴)を押すと上記写真の状態が表示されます。

一番上が黒く表示されていますが、十字キーの下側を押して黒く表示されている個所を

(003:鶴田)に合わせます。

ダイヤルボタンの0の下に短縮ボタンがあるので、このボタンを1回だけ心を込めて

押してあげて下さい。そうすると・・・。


上記内容のように詳細が表示されて、何日の何時に掛って来たのか分かります。

左下に不応答と表示されている事が気になった方は、とても素晴らしいです。

通常誰かが電話に出た場合は、不応答と表示されている個所に、その出た電話機の

内線番号が表示されます。

しかし、掛って来た電話に誰も出なかった場合に不応答と表示されます。

不応答と表示されているのは、営業の鶴田からの電話だったからって誰も出てくれ

なかった訳では無いですよ!?・・・本当ですよ!?・・・そうですよね!?

ここまできたらあなたは、御社の着信履歴エースですね。

ちなみに、その画面が表示されている間に発信ボタンを押すと、そのままその相手に

電話を掛ける事が出来ます。ここまで出来るなら着信履歴師範代ですよ。

みなさん着信履歴をどんどん活用して下さい。

LAN配線工事、ビジネスホン、サーバーなど緊急に工事などのご対応が必要な場合、また新たに事務所を開設・移転などで業者をお探しの際はお気軽にご相談ください。
お電話の際は「アトラックのスタッフブログを見て」と一言いただけますと、その後のお話がスムーズになります。

メールでのお問い合わせは「24時間」受け付けております。担当者より数日中に改めて返信させていただきます。
お問い合わせフォームはこちら

LAN配線工事、電話工事、ビジネスホン・ドアホンの導入なら

株式会社アトラック

カテゴリ:ビジネスホン(電話)&NTT関連 | 20:20 | - | - | -