<< IP回線ノイズ? | main | 満開です!! >>

外線自動転送 2ヶ所に転送

技術の小林です

saxaビジネスホンの転送機能の中で、『ツインショット転送』という機能があります。
1つの転送につき転送先を2ヶ所までセットし、外線自動転送時に2つの転送先を同時に呼び出す機能を搭載しています。

ツインショット転送をセットした時、ディスプレイには、[1→1・2]と表示されます。
下記写真は、2つ転送セットしているので、[1→1・2][2→1・2]と表示されています。





ちなみに転送先が1ヶ所での外線自動転送をセットした場合は、
下記写真のように[1→1]と表示されます。




外線自動転送機能をお使いになる場合は、プログラム設定が必要になります。
ツインショット転送をご利用になる場合は、電話回線が3回線以上収容している場合に限ります。
ツインショット転送機能対応機種は、RegalisUT700シリーズ以降になります。

LAN配線工事、ビジネスホン、サーバーなど緊急に工事などのご対応が必要な場合、また新たに事務所を開設・移転などで業者をお探しの際はお気軽にご相談ください。
お電話の際は「アトラックのスタッフブログを見て」と一言いただけますと、その後のお話がスムーズになります。

メールでのお問い合わせは「24時間」受け付けております。担当者より数日中に改めて返信させていただきます。
お問い合わせフォームはこちら

LAN配線工事、電話工事、ビジネスホン・ドアホンの導入なら

株式会社アトラック

カテゴリ:ビジネスホン(電話)&NTT関連 | 16:52 | - | - | -